金型製作 / 発泡射出 / 射出成形

iMedは、姜堰にある新しい生産工場に移転しました。

iMedは、姜堰にある新しい生産工場に移転しました。

iMedは、2018年に姜堰にある新しい生産工場に移転しました。新しい工場は面積も大きくなり、生産能力が拡大しました。iMedはこれまで、創業の地で急速な成長を遂げてきました。しかし、企業の成長に伴い、従業員も増え、お客様の成長をサポートするための投資も必要になってきました。そのため、新しい立地への移転は必然とも言えます。将来的には、姜堰工場は大規模な開発プラットフォームになる予定です。姜堰工場は保有面積が4倍、生産面積と事務所面積が3倍となり、スタッフの作業環境が大幅に改善され、試作樹脂成形、熱可塑性樹脂発泡成形、大型の構造発泡体成形(SF成形)やクリーンルーム射出成形、塗装、電磁シールド吹付塗装、パッケージ封入、温度管理式保管などの付加価値サービスをお客様に提供しています。iMedのCEOであるK. Zhu氏は次のように述べています。「お客様からの強力なサポートそしてスタッフの努力、何よりもiMedを愛する心により、会社は成長を遂げ、移転が可能になったのです。」
Menu