金型製作 / 発泡射出 / 射出成形

構造発泡体

構造発泡体

ねじれやひけ(シンク)のない成形部品

建設的な技術革新には、それに応じた優れた生産コンセプトが必要です。製造工程の可能性を通してコンセプトが得られることで、新製品を開発することが可能です。射出成形の場合、壁厚や素材積層、強固なリブ構造を持つ成形部品、または大型成形部品で発生する問題は、そのほとんどが個々の詳細な構造の収縮挙動の違いが原因です。

構造発泡体に関して、iMedでは壁厚が薄く、構造的に安定し、ねじれのない、最大40kgの複雑なジオメトリーを持つ成形部品の製造が可能です。製造後のバリ取りや、ならいフライス加工の必要はありません。

Structural Foam

Menu